第11回革ブログ「クロコのお話」

お待たせいたしました、第11回
「アールアンドデー・革ブログ」でございます。

今回取り上げる革は、 「クロコ革」です!!
クロコ


クロコダイル革…昔はメンズのアイテムでしたが
爬虫類革の人気上昇もあってか最近はレディスの
ブランドでも見かける様になりました。


クロコダイル革はワニ革の総称でもあります。
主にアジア、アフリカ産のクロコダイルが流通していますが
アリゲーターや、カイマンなども総じて呼ばれる革です。
独特な光沢感が特徴で、仕上げとして「グレージング仕上げ」
ラッカー仕上げ」と2種類あります。


おススメのケア方法は仕上げに応じて2種類!

「グレージング仕上げ(職人さんが磨いている)」には
『コクシー・ジェルクリーム』を『ポリッシングコットン』に
なじませ、なじませたコットン部分で丁寧に保湿します。

「ラッカー仕上げ(光沢塗装仕上げ)」には
『ポリッシングコットン』でウロコ部分を丁寧に磨きあげましょう。



★☆★スタッフの一言☆★☆

クロコダイルに限らず爬虫類革のお手入れは非常にデリケート。
そしてご紹介した「グレージング仕上げ」と「ラッカー仕上げ」の
見分けも付きにくいので、一番安心なのはメーカーさんに確認です。

特にラッカー仕上げは「ツヤ出し加工」ですので、汗がついた
だけでもツヤが無くなる事もしばしば。

基本的には『ポリッシングコットン』でのカラぶき→ツヤが無くなってきたら『コクシージェルクリーム』で保湿の手順がよろしいかと。

必ず目立たない所でテストをオススメしています。

ちなみに写真の「フローシャイム・ヴィンテージクロコ」は
グレージング仕上げなので『コクシージェルクリーム』で
潤いを与え続けています♪


次回・第12回革ブログは「アニリンカーフ」のご紹介予定です☆

次回もぜひお楽しみ下さい。
スポンサーサイト

第10回 「アールアンドデー・革ブログ」 エナメルのお話

お待たせいたしました、第10回
「アールアンドデー・革ブログ」でございます。

今回取り上げる革は、 「エナメルレザー」です!!

enamel.jpg

昔はフォーマルシューズであったり、シーズンアイテムでしたが
いまは通年で大活躍の素材になりました。


エナメルレザーは革の上にエナメルコーティングといわれる
ウレタン樹脂の膜をはった物をさします。
最近では合皮エナメル(合皮の上にエナメルコーティング)等も
良く見られます。
革の上へのコーティングなので、艶やかな表情はもちろん
汚れや水が浸透しない点が特徴です。


おススメのケア方法はこちらです!!

http://www.randd.co.jp/howtocare/careenameru.html

★☆★スタッフの一言☆★☆

昔は「エナメルは雨に濡らすと革が傷むので・・・」なんて
良く聞いたものですが、最近は「雨の日靴」として紹介される
事が多くなったエナメルシューズ。

革と違ってコーティングされている物なので、シミにならない
ので当然なのかもしれません。

とはいえ、空気に触れている物はなんでも「風化」してしまう
もの・・・
『WOLY・ラックパテント』を『ポリッシングコットン』
馴染ませて、キュキュっと拭きあげれば~
汚れが落ちてピカピカに復活する事はもちろん、「酸化防止
としてのバリアがエナメルの美しさをキープしてくれますよ。


次回・第11回革ブログは「クロコ革」のご紹介予定です☆

次回もぜひお楽しみ下さい。
プロフィール

26ryo

Author:26ryo
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR