スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第17回革ブログ 「ディアスキン(鹿革)のお話」

お待たせいたしました、第17回
「アールアンドデー・革ブログ」でございます。

今回取り上げる革は、「ディアスキン(鹿革)」です!!

非常に柔軟で手触りのよいこの素材。柔らかさだけでなく
耐久性にも優れいている事が特徴です。
この耐久性から、日本では甲冑の一部や武具の持ち手等に
使われている事が多く、伝統的な革とも言えます。

DSC_0845.jpg


※写真がわかりずらく申し訳ありません。独特な「シボ感」と
モッチリとした肌触り」が特徴です。




おススメのケア方法はこちらの 「ディアスキン(鹿革)のお手入れ法」を
オススメいたしましす。

ヌメ革のお手入れ法(と同じお手入れをおススメします)』






★☆★スタッフの一言☆★☆

ディアスキンに関しては「思っている程シミにならない」事が
ポイントです。さすがに染色していないヌメ鹿革は、安全策として
WOLY・ソフトナッパ』でのお手入れをおススメしますが、
よくみるダークブラウンや、ブラックのディアスキンに関しては
M.モゥブレィ・デリケートクリーム』での積極保湿がおススメ。
革本来のしなやかさが引き出され、お手入れしたあとの状態は
持ってみると明らかにさわり心地が向上しますよ☆


次回・第19回革ブログは「ゴート(山羊)」のご紹介予定です☆

次回もぜひお楽しみ下さい。




シューケアマイスターによる
facebook 始めました!!
「R&Dシューケアマイスター(公式)」

靴のお手入れビフォアーアフターが随時UPされております!
是非ご覧ください。
「イイネ!」も宜しくお願い致します。




スポンサーサイト

第16回 革ブログ 「メタリックレザー」

お待たせいたしました、第16回
「アールアンドデー・革ブログ」でございます。

今回取り上げる革は、「メタリックレザー」です!!

メタリック

手前 プラチナ色 → メタリックレザー
奥  ネイビー色 → スムースレザー

ミラー加工」とも呼ばれる事もありますこの素材。
革の上から「」(最近は様々な色バリエーションがあります)が
貼られている革なので、箔が剥がれてしまうと下地の革がでてきてしまいます。

おススメのケア方法はこちらの 「メタリックレザーのお手入れ法」を
オススメいたしましす。↓


『メタリックレザーのお手入れ法』



★☆★スタッフの一言☆★☆

今でこそ多くのショップで見かけるメタリックレザーですが、
一般的になったのは意外に最近な気がします。
注目されだしたころは「黒いシミができるんですが・・・」とご相談を
いただく事が多かったです。
黒い革の上に貼ってある「箔」が剥がれてしまった事によるご相談なのですが、
最近はそのご相談も少なくなってきました。
技術革新が進んで箔が剥がれにくくなった事はもちろん
COXY・ジェルクリーム」による保護も大活躍しているのかもしれません☆


次回・第17回革ブログは「ディアスキン(鹿革)」のご紹介予定です☆

次回もぜひお楽しみ下さい。
プロフィール

26ryo

Author:26ryo
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。