スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第30回革ブログ「エレファントレザー(象革)」

こんにちわ~♪

最近、半身浴の良さを初めて知ったエキゾチックです☆
休み前に飲み過ぎて、朝まだアルコールが・・・と言う時に
1時間ぐらい半身浴をすると、意外と楽になるんです!!

と、またアルコールネタから入ってしまいましたが・・・

今回のテーマは

エレファント(象革)!!

です。

エレファントレザーはワシントン条約で輸出入に規制が強く掛かっている為、
非常に貴重な高級レザーです。

アジア象・インド象は全面的に輸出入不可
アフリカ象は一部輸出入が認められている

と言うぐらい貴重な革なんですよ♪

そんな超貴重なエレファントレザーを使用した靴がこちらです♪

エレファント

特徴と致しましては、

1、非常に丈夫。
2、独特なヒダや大きなシワが特徴的
3、脅威の防水力

です。耐久性は大人が二人で引っ張りあっても裂ける事はまず無いでしょう。
そしてちょっとやそっとの衝撃位じゃ傷も付きません。

まさに足元でダメージを受けやすい「靴」の素材に使えば凄く長持ちしますね♪

そしてお手入れも非常に簡単です♪

1、「プロホースブラシ」でブラッシング

2、「WOLY スエードカラーフレッシュスプレー」で水分・油分を補給

※「WOLY スエードカラーフレッシュスプレー」にはツヤを出すロウ分が入っていない為、余計なツヤを出さない為
  素材感を変えない為にと言う理由でオススメ致します。

以上です。

表面の汚れが目立ってきたら「M.モゥブレィ ステインリムーバー」で汚れを落として下さい。


お手入れ簡単で超丈夫な「エレファントレザー」欲しい・・・。

最後に巷でご好評頂いてる「動物ネタ」を♪

象は凄く目が悪いんです。そして極度の臆病者なんです。
その為、目の前に迫ってくる物は敵に襲われてると判断し巨大な身体で突進していく習性が有るんです。

そこでここ近年、象が大怪我したり死亡したりする事の一番の理由が、
「車や列車に突っ込んでしまう」事らしい・・・

象さん・・・いくらデカイからって列車には勝てないよ・・・

-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.

各種リンクのご案内

R&Dオフィシャルホームページ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
R&D公式サイト


レザーケアQ&A集
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
シューケア・フットケアの疑問にお答えします!



シュートリーの最高峰Sarto Recamier × Nakada Last
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ついに登場!メイドインジャパンのシュートリー



”水性”革靴用クリーナー
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
汚れ落としに最適なクリーナーとは?



R&Dの最新情報がたくさん!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
R&Dオフィシャルフェイスブック



シューケアマイスターになってみませんか?
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
R&D スタッフ募集中! 


-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.
スポンサーサイト

第29回革ブログ「オーストリッチ・オーストレッグ」

最近、丸い型の靴も良いな~と思い始めた大人になった38歳、エキゾチックでございます。

さてさて今回の「革ブログ」ネタは!「オーストリッチ&オーストレッグ」でございます。

「オーストリッチ」と言えば、ご存知の方も多い様に「ダチョウ」の革ですね♪
「ダチョウ」は体長2.5メートル 体重120キロ程にもなる鳥類最大級のビッグサイズ!!
そして走る速度は最大で60キロ以上とも言われてます☆
最高スピードに乗った時は曲がれないらしいです(笑)

そんなマメ知識は置いておいて・・・


この独特な模様「クイルマーク」が特徴的で見かたによってはユニークな表情の素敵な革でございます。

o-suto.jpg


この「クイルマーク」はハネを毟った時に出来る凹凸で大きさは様々。そして1羽のダチョウの革の50%程しか
取れない部位で非常に希少性の高い高級レザーです。

ちなみにこんな変わった素材も実はございます。「オーストレッグ」です。

o-suto2.jpg


「オーストレッグ」はダチョウの足の部分で見た目が「ワニ革」に似ています。
この革をみて「オーストリッチ」は「爬虫類」の革と勘違いされている方が多いと聞きました。

ただ、「オーストレッグ」に関しては現在余り見る事が無い「超特殊素材」なので今回は画像のみの
ご紹介とさせて頂きます。


話は戻り、オーストリッチですが、
特徴としては牛革よりも軽くて丈夫、そして染まりやすい特徴が有るので数百色と言うカラーの「オーストリッチレザー」が
展開されてます。

そしてお手入れの仕方は下記になります。。

靴の場合
1、プロホースブラシでブラッシング
2、ステインリムーバーで汚れを落とす。※薄い色は注意
3、ツヤを出したくなければ「M.モゥブレィ デリーケートクリーム
  ツヤを出したければ「M.モゥブレィ アニリンカーフクリーム
  黒や濃茶、ネイビー等の濃いめの色目で有れば「カラークリーム」での補色も可能
4、プロ・ホワイトブラシでのブラッシング
5、乾拭きでの仕上げ

と通常のスムースレザーのお手入れで行えます。

また鞄や財布、ベルト等の革製品の場合は
1、プロホースブラシでブラッシング
2、ツヤを出したく無ければ「M.モゥブレィ デリケートクリーム
  ツヤを出したければ「WOLYクリームエッセンシャル
3、乾拭きでの仕上げ

となります。
牛革でもそうですが、「ベージュ」「ピンク」「水色」「ホワイト」等の薄めのカラーは仕上げ方が独特の為、
お手入れにご注意下さい。
オススメ出来る商品はスプレータイプの保湿防水が可能な「WOLYソフトナッパ」です。

強くて軽くてカラフルで!ユニークかつ、エレガンスな雰囲気を醸し出す「オーストリッチ」はまさに
大人が似合うレザーじゃないでしょうか?

そして、「オーストリッチ」の良さが気付いた時!大人になったのかもしれませんね♪

-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.

各種リンクのご案内

R&Dオフィシャルホームページ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
R&D公式サイト


レザーケアQ&A集
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
シューケア・フットケアの疑問にお答えします!



シュートリーの最高峰Sarto Recamier × Nakada Last
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ついに登場!メイドインジャパンのシュートリー



”水性”革靴用クリーナー
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
汚れ落としに最適なクリーナーとは?



R&Dの最新情報がたくさん!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
R&Dオフィシャルフェイスブック



シューケアマイスターになってみませんか?
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
R&D スタッフ募集中! 


-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.
プロフィール

26ryo

Author:26ryo
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。