「リザード(トカゲ革)」

皆様こんにちは。
最近は漬物王子にハマっているTOY筋です!(^^)!

写真 1

写真 2

この山形のだしがまたご飯にかけても、豆腐にのせても、、
美味くて美味くてご飯がススム君なわけです!!

マルハチ最高~!!

っと漬物の話はこれくらいにして、、、
当社にはエキゾチックJ兄さんなる爬虫類好きな兄貴も存在していますが
TOY筋も負けていませんよ!!

どうだっ!!

写真 11


フルリザードシューズ!!
「J&Mアリストクラフツライン(※ヴィンテージシューズの為昔の高級ラインですね。)」
スペックとしてもボクサーズトップというなかなか珍しい、、、
ん?あ、、シューズ自慢ではなく今回はこんなリザード革をヒューチャーしてみたいと思います。

写真 12


エキゾチックレザーの代表格であるでもあるリザードとは
トカゲの革になり、以前アップさせていただいたクロコダイル同様に
「薄く、軽く、丈夫」という特徴がございます。
魅力としては、クロコダイルとは違い細かくて粒の揃った独特の鱗の形状と
その丈夫さに集約されます。
また、トカゲの皮は漂白加工や鞣し加工を施した後染色加工を行いますので、
爬虫類の他の革と比較しても、発色が非常に良いのが特徴です。

粒の揃った綺麗な鱗がは、魚の鱗とは形状や構造も異なる為、
普通にお使いいただいている分には浮いてくるようなトラブルはございませんが
下記の様に馬毛ブラシ(柔らかい)ブラッシング~専用のクリームで保革していただければ
良い一層長持ちに繋がります!

①馬毛ブラシで埃落とし

写真 13


②専用の「WOLYパーフェクトジェル」での保革
※必ずはじめは目立たないところで試してみてください。

写真 14


この時の注意点ですが艶が命のエキゾチックレザーですので
塗り込む布も少しこだわってください!

良くあるウェス(Tシャツの切れ端等)だと
指に巻いてみると意外に繊維が荒く表面に付加が加わってしまうため

写真 22


この様なフランネルコットン(起毛コットン)で全体的にやさしく塗りこんであげることがオススメです!

写真 21


そのちょっとしたこだわりがきちんと艶として
表現してくれますので(^O^)

最後に革小物の場合は靴と仕上げが若干違うため
新品からの専用クリームの使用はオススメしておりません。
新品のうちは上記の馬毛ブラシでのブラッシングとフランネルコットンでの乾拭きするだけでも
鱗の間の埃が落ちて、付着しやすい指紋が取れるためかなり綺麗になりますよ!!

それではTOY筋でした~





スポンサーサイト

コードバン(コードヴァン)

こんにちは!!

かまぼこBOYです☆

最近動物園に行って来たのですが、
象や河馬を見るとついつい

「あ、象革」「あ、ヒポレザー」

なんて思ってしまいます。

特に象とか河馬って表面が乾燥している感じなので、
デリケートクリームを塗るたくなりますよね??


革好きな皆さんならわかるはず(笑)


さてさて、そんな話をしておきながら、
本日ご紹介致しますのは、



「コードバン!!」
fdsa.jpg


コードバン=ただの馬革と思っているかた…


それは大きな間違いです!!


コードバンとは農耕馬のお尻の革を削って、削ってむき出しになった層のことを指します。

つまりはスエード素材に近い革なんです

現在では農耕馬は少なく、しかも農耕馬の中でもコードバンの層を持っている馬も珍しいのです。


「コードバンてお手入れが難しいんでしょ??」

なんて声もちらほらありますが、

実はそうでもない!!

水溶性クリーナー・M.モゥブレィ・ステインリムーバーでしっかりとクレンジング!!


しっかりクレンジングをしたら『M.モゥブレィ クリームナチュラーレ』を
浸透させ、『アビィ・スティック』をコロコロ転がしてみて下さい。

実はこのコロコロ転がしタイム、コードヴァンを作る上での作業工程である、
繊維を潰して(メノウで磨くメーカーや、プレスマシンで潰すメーカー等あります)
コードヴァンの光沢感を出していく作業を、ご自分で楽しめる時間なんです。

繊維を潰す感覚が理解できれば、あっという間にコードヴァンのツヤ感はUPしますので、
あとは「馬毛ブラシ」でくるくると円を描く様にブラッシングしましょう。

fas.jpg

右がお手入れ前、左がお手入れ後です☆

これさえ出来ればコードヴァンのケアも怖くない!
プロフィール

Author:26ryo
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR